ニュースレター

2019年 7月 25日発行
・自分は過大な期待をしているわけでは無い。最低限の事をして欲しいだけなのに・・・


・何で出来ないのだろう??そんなに難しいことを言ってつもりは無いが・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回は上司と部下のギャップの話です。

上司と部下に限らず、人間関係でギャップというのはどうしても生まれてしまいます。

しかし、それは最初はほんのちょっとした事から生まれることが殆どです。

しっかりとお互いの認識を確認することは重要ですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もう高望みをするのはやめた!!それでも出来ない部下にはどうすれば??

●上司と部下のギャップは社長と部下の間に限りません。どこにでもあります。

今月号は経営者から聞いた悩みではありません。

聞いたのは中間管理職の方です。

以前にもお知らせしましたが、私は経営者に変わって社員や幹部の方との個別面談も行っています。

個別面談の話題は彼ら、彼女らの仕事上の悩みを聞いたり、PDCAをチェックしたりです。

今回はそんな中間管理職の方との個別面談から出たお悩みです。

きっと経営者の方にも「管理職はこんな事で悩んでいるのか!!」と思ったり「正に自分自身もこんな事で悩んでいた!!」と思ったり。

きっと参考になると思いますよ。

今回の彼の悩みはこうです。ちなみに彼は支店長です。

「最近支店のNO2と折り合いが悪い。やたらと反抗的だし。指示を出してもやらない。聞いてないという。言った、聞いていないで口論になる・・・俺が言ってないわけないだろう!!だから最近言ったことはメモにして渡している。証拠を残せばそういったトラブルは防げるから」

「もう今後あいつには期待しない!!しっかりとした仕事なんか出来ないやつだし。だけど、そうは言っても最低限の事はやってもらわないと困る。でもあいつはその最低限の事すら出来ない!!どうすればいい??」

皆さんどう思います??心当たりはありませんか??


● 難しい問題ですか??実は・・・あっという間に解決できましたよ!!              
 
実はこの相談はあっという間に解決しました!!

本当にあっという間です。

まぁ実際に支店に戻って実践して上手くいった!!という報告は今の段階ではまだ受けていませんので全てが上手くいったかどうかは不明ですが、少なくとも彼はこの面談の中で希望は見つけられたようです。

さてどうやって解決したのでしょうか??

私はどんな素晴らしいアドバイスを彼にしたのでしょうか??

結論から言うと、私は何もアドバイスはしていません。

何故なら、解決法は彼が自分で既に発言しているからです。

既に「自分で解決法を持っていた」のではありませんよ。「既に発言している」のです。

ますます分からなくなってきますか??

● ポイントは言語化と認識の共有です!!

焦らさないでお知らせしますね。

彼は言った、聞いていないで揉めたときにいちいちメモを渡す工夫を考えました。

証拠を残すためです。

証拠を残すというと人聞きが悪いですが、まぁそれで一定の成果はあったようです。

この行為を今回の悩み解決に応用できないでしょうか??

支店長は「最低限の事はやって欲しい!!」としきりに訴えていました。

ここで私が支店長に質問しました。

「支店長が考える最低限の事って○○さんはしっかりと認識していますか??そこにズレはありませんか??」

こう聞くと支店長は黙り込んで考えました。

「確かにズレはあるかもしれない。そんな事言わなくとも分かるだろうと思っていたから。でももしかしたら伝わっていないのかもしれない・・・」

「そういう事ってよくありますよ。せっかくの機会ですから今の時間のうちに言語化してみませんか??支店長の考える最低限の事って一体何ですか??10個も20個も出したら混乱するから、本当の最低限を3つ~5つに絞りましょう」

そこで実際のNO2の方の最低限の仕事の言語化を行いました。

この言語化は出来うる限り具体的に落とし込めれば良いですね。

実際に始めてみると20分程度で完成です。

5つの言語化が完成しました。

こういった作業を行う際は、もしその場にNO2の方がいれば、その方を交えて作れば更に良いですよ。

さてここからが先ほどの話です。

一体彼の発言のどの部分で既に解決していたのでしょうか??

もうお分かりですよね。

この言語化した5つの仕事を紙に書いてNO2の方に渡すのです。

これでNO2の方も忘れることはありませんし、言った、聞いていないといったトラブルも無くなりますよね。

今回のポイントは「しっかりとした言語化」と「認識の共有」です。

こちらが「当たり前だ」と思っていること「言わなくとも分かるだろう!!」と思っていること。

意外と伝わっていませんよ!!

「しっかりとした言語化」と「認識の共有」を行うことで、つまらない人間関係のトラブルは防げます!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今月の気付き

・自分の悩み事の解決法は意外と自分で既に持っている!!第三者との面談の活用を!!

・言語化の数はあまり多くなりすぎずに。内容はより具体的に!!              

・「しっかりとした言語化」と「認識の共有」を行うことで、つまらない人間関係のトラブルは防げます!!
 

 




〒980-0802
宮城県仙台市青葉区二日町16-1二日町東急ビル6-A
TEL:022-724-7651

お問い合わせ

  
お電話での受付時間
9:00~17:00

お問い合せフォームでのお問い合わせは、24時間受け付けております。

休日:土曜 日曜 祝祭日