ニュースレター

2018年 10月 29日発行
・社員や幹部に指示を出しても何もしないうちから「ムリです!!」の返事・・・

・「やってみないと分からないだろ!!」と思うが、とにかく否定から入ってしまう・・・


今回はお困り事というより「グチ」ですかね??

指示を出しても何もしないうちから「ムリです!!」と言われてしまう・・・

チャレンジもしないのに決めつけられたらイライラしますよね??

でも、偶然にこんな社長さんや幹部の方の意外な共通点を発見しました。

皆さん心当たりはありませんか??



◆典型的な指示待ち社員・・・指示待ち幹部・・・そんな部下を持つ上司の特長とは??


● 永遠の課題の「指示待ち状態の解消」指示待ち部下に悩む上司の特長とは??

今回のお困り事は「チャレンジ精神の欠如」としてみましたが、直接「チャレンジ精神が足りない!!」と相談されることが多いわけではありません。

よく相談されるのはこんな悩みです。悩みというよりはグチと言った方がピンと来るでしょうか??

経営者からこういった相談をされることもありますが、部下を持つ幹部から相談を受ける事も多いです。

「指示をしているのに全然動かない・・・」

「仕事を頼んでも最初の言葉は絶対『ムリです!!』から入る」

「やってみてムリだったなら分かるが、何もしないうちから諦めていては成長なんかしないだろう!!」

そんなお困り事(グチ)が寄せられます。



●そんな部下を持って頭が痛い上司の特長とは??

私も最初のうちは

「やはり人を動かすというのは大変な事なのだな・・・」

そう思いながら、聞き役に徹していました。


しかし、ある時、この様なお困り事を聞かせて頂く方の特長に気付いたのです!!

「部下が否定から入る・・・」

「とにかく『ムリです!!』から入る・・・」

「最初からあきらめモード・・・」

こういった部下に囲まれている上司の方のコーチングをやっていた時のことです。


「部下の積極性」とは全く別のテーマでコーチングをしていましたが、私が何気なしにその方へアドバイスをするタイミングがありました。

「○○してみたらどうですか??」

その際のその方の反応に、驚きを感じました。

「そんなのムリですよ!!その理由は○○と○○と○○です。絶対にムリに決まっています!!」

その方に私が聞いてみました。

「分かりました。どうしてもムリなのですね??それでは、今私がアドバイスした方法は試してみたのですね??」

「そんなのはやってみなくても分かります!!とにかくムリなのです!!」


● 部下は上司を見ている


上記の例はちょっと極端ですが、その後、心当たりのある他の方(チャレンジしない部下を持って困っている方)に敢えてアドバイスを行ってみました。


そうすると結構な高い確率で、第一声が・・・

「そんなのムリです!!」なのです。


つまり何が言いたいかは分かりますよね??


きっとその方々はご自身では意識していないかもしれませんが、自分の部下の前でもその様な態度が出てしまっているのかも知れません。
部下からアドバイスをされることはほとんど無いかもしれませんが、部下からミーティングなどでアイデアが出たりすることはあるでしょう。


その際に・・・無意識でも・・・

「そんなのはムリに決まっているじゃないか!!そんなのはやらなくたって分かるだろ!!」

そんな返事を部下に見せていませんか??

そんな反応を普段からあなたが見せていたとしたら・・・

当然その部下もその様に育ってしまうと思いませんか??


また、あなたが自分の上司から指示をされた時に

「そんなのムリに決まっていますよ!!ムリな理由は○○と○○と○○です!!」と言っていませんか??


● 上司としては、普段の行動を徹底的に意識する!!


私は社員研修やセミナーなどで、人前で話す機会が多い方だと思います。

その際に驚くのが、受講者の皆様が驚くほど私の態度や表情を見ているという事です。



受講者の方から質問や意見が出ますが、その際に私も「どう返答しようか??」と考えて一瞬表情が硬くなることがあります。
非常に稀なケースではありますが、その後に受講者の方から謝られるケースもあるのです。


「先ほどは失礼な質問をしてしまいましたか??先生の表情が険しくなったので、私の質問が悪かったのかな??と気になっていました・・・」と言われることがあるのです・・・


当然、表情が硬くなるのは一瞬だけですし、私の本音としては「より分かりやすく伝えるにはどう伝えようか??」と一瞬考えただけなのに、その表情の変化を見逃さないのです。


セミナーや研修と違って、上司の方が部下の方と接する時間は圧倒的に長いです。

そのため、常に緊張感を持って接していたら大変だと思います。


しかし、やはり上司である自分は「常に部下に見られているのだ!!」という意識は持ちたいものですね。

今月の気付き

・部下の態度や姿勢に不満を感じたら、自分の態度や姿勢を客観的に振り返ってみよう!!

・部下は上司を見ています!!上司が思っている以上に熱心に見られていると思いましょう!!

・常に緊張感を持つのは難しいが、意識だけは持っておきたいですね!!
 

 




〒980-0802
宮城県仙台市青葉区二日町16-1二日町東急ビル6-A
TEL:022-724-7651

  お問い合わせ

お電話での受付時間
9:00~17:00

お問い合せフォームでのお問い合わせは、24時間受け付けております。

休日:土曜 日曜 祝祭日